【人気商品紹介】ココマイスターのコードバンといえばコレ!長財布で選ぶおすすめ5選

  • 2019年5月28日
  • 2019年9月8日
  • コラム
  • 74view

財布選びは国内・海外ブランドからノーブランドまで数多くあり、デザインも様々で選ぶのもなかなか難しいものです。特に革財布の場合には良いものと悪い物が見た目には区別がつきにくく、初心者にはなかなかハードルが高いのではないでしょうか。

品質と国産で選ぶのであれば、2011年に誕生してからというものカッコ良い国産の革財布を販売していると絶大な人気を得ているのがココマイスターです。

ココマイスターは革財布から始まった日本製のブランドで、財布の種類が非常に豊富。欧州産の高級皮革を使用しており、それを日本の熟練した職人が成型するという品質への徹底ぶり。シックでスマートな財布は持つ人を選ばず、プライベートからビジネスシーンまで幅広く持つことができます。

中でも馬の臀部(でんぶ)からとった希少な革を使用し、高級革財布の代名詞とも言えるコードバンを使用した財布は特におすすめです。

今回は人気革財布ブランドのココマイスターのコードバンの財布の中からオススメを紹介していきたいと思います。

マイスターコードバン ハイフライヤー

マイスターコードバンを使用したかぶせ蓋タイプの長財布です。
マイスターコードバンとは革の表情を残したままゆっくり時間をかけて染め上げるという味のある逸品。日本の伝統的な水染め製法だからそ出る深い味わいがコードバンです。内装にはエイジングで所有する楽しみを与えてくれるオイルレザーヌメ革が贅沢に使用されており、男心をくすぐる。

ヌメ革は手の脂が染み込んだりお手入れ用のオイルを塗ったりすることで、段々深い色へと変化していきます。
外装と内装のコントラストが美しい財布となっています。

フリーポケットが3つあるので、レシートや領収書などを入れておくスペースも十分にあります。

シェルコードバン スタンフォード

シェルコードバンを使用したかぶせ蓋タイプの長財布です。
シェルコードバンはオイルをたっぷり染み込ませて作られたコードバンで、自然の風合いに近い仕上がりです。

外装にも内装にもシェルコードバンが使われており、とても贅沢な仕上がりとなっています。
財布を開いたときにもシェルコードバンの美しい艶、重厚感を楽しむことができます。
落ち着いた色合いと高級感のあるこの財布は、大人の男性に特におすすめです。

コードバンクラシック シャーラック

コードバンを使用したかぶせ蓋タイプの長財布です。
外装はロウ引きのコードバン、内装にはベルギー産のアマンデルレザーを使用しています。

ロウは最初にふき取ってしまうか、そのままでも使用するうちに自然と取れていきます。
ロウが取れると使い込むうちに段々と艶が出て、経年変化も楽しむことができます。

内装のアマンデルレザーはなんと言っても肌触りが優しくとても上品です。
この財布はお札入れ部分が通しマチとなっており、お札をたくさん収納することができます。

コードバンクラシック ソードダンサー

こちらもコードバンを使用したかぶせ蓋タイプの長財布です。
コードバンクラシック シャーラックと同じく外装はロウ引きのコードバン、内装にはベルギー産のアマンデルレザーを使用しています。

こちらはお札入れ部分がV字マチとなっており、スタイリッシュなフォルムとなっています。薄くかさばりにくいので、特にスーツの内ポケットに入れる方におすすめの財布です。

 

価格:64,200円(税込)

マイスターコードバン スカイスクレーパー

マイスターコードバンを使用した、ラウンドファスナータイプの長財布です。
内装にはイタリア伝統皮革のオイルレザーを使用し、しなやかで傷がつきにくくなっています。

カードポケットは8つと少なめですが、小銭入れを挟んだ両側にお札入れがある為、一つをお札入れとして使用し、もう一つはマチ付きの広いフリーポケットとして多目的に使用することもできます。
中身全体が見やすい為、機能性が高く非常に使いやすい財布です。

まとめ

一見シンプルで同じように見える革財布でも、手に持った時の肌馴染み、収納力の違いなどで使い勝手は随分変わってきます。

革財布は経年変化も楽しむことができ、本格的な革製品を持ってみたいけど使いこなせるか不安だという方に、最初に手にする革製品としてもおすすめです。
ぜひ、自分にあったお気に入りの財布を見つけてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>革財布とお金の情報の総合サイト

革財布とお金の情報の総合サイト

豊かな生活をするために必要なお金に関する情報と革財布のオススメを紹介しています。 さらに楽しい人生にするための知識をお伝えします。

CTR IMG