一枚革のコンパクト財布「ICHI」が人気 | クラウドファンディングで目標の4,000%の注目アイテム

最近はクラウドファンディングを利用して資金を調達することも、あまり珍しいことではなくなってきましたよね。

夫婦で営む小さな工房、ATELIER mokuもその一つ。

ブランド立ち上げのきっかけともなった“一枚革のコンパクト財布ICHI”は、クラウドファンディングで資金援助を募り、なんと目標額の4,000%を達成した超人気商品なんです。

そんな、大人気となった財布「ICHI」ついて、紹介していきたいと思います。

ICHIの財布の特徴

ICHIとはどんな財布なのか?特徴を見ていきましょう。

邪魔にならないコンパクト財布

ICHIの魅力は、何と言っても邪魔にならないコンパクトな大きさ。革が重なる部分を極力減らしているため、厚みができにくい作りになっています。

手軽に持ち歩くことができるため、長財布や二つ折り財布は荷物になって邪魔になるという方にオススメのアイテムです。

 

小さいのに収納力抜群

ICHIの財布が選ばれる理由の一つとして、収納力の高さがあります。一般的にコンパクトな財布は収納力が劣りがちですが、そこは妥協しないのがアトリエmoku。

ICHIならお札もコインも最大20枚、カードは最大7枚まで入れることができます。

小さい財布を持つ方というのは、できるだけ荷物を減らしたいと思っている方が多いのではないでしょうか?

小さい財布を持ったために、収納が足りずカード入れや小銭入れを別で持つことになっては本末転倒。

ICHIなら、財布1つで遠出だってできちゃいます。

 

耐久性が抜群

ICHIは、耐久性の高さも自慢の一つ。

耐久性が高い理由には、ICHIが一枚革でできていることが挙げられます。

一枚革で作る財布は、縫製のための穴が少なくなるため、強度を保つことができるのです。

一枚革は贅沢に素材を大きく確保しなければならないため、どうしてもコストがかかってしまいます。

それでも一枚革にこだわるのは、耐久性を上げて長く使ってもらいたいから。一つ一つ手作りで仕上げる工房ならではの、こだわりとも言えますね。

 

使いやすさに特化

コンパクト財布には珍しく、お金を取り出すときに一つの方向からアプローチすることができます。これはどういうことかというと、一般的なコンパクト財布は、お札をある向きから取り出した後、小銭は別の向きに変えて開ける必要があるのです。

ところが、ICHIの財布はお札もカードも小銭も、すべて同じ方向から取り出す作りになっています。

 

何度も向きを変えてお金を取り出すのは、時間もかかり、時には焦って小銭を落としてしまうことになりかねません。

取り出す方向が同じというだけで、お金の出し入れが随分と楽になるのです。さらに、お札は挟むように入れ、取り出しやすいようにオープンな作りになっています。小さくてもスムーズにお札を取り出すことができますよ。

 

妥協しない本格革

ICHIの財布は、革の違いで2種類あり、好みによって選ぶことができます。

一つはイタリアのタンナー「バダラッシ・カルロ社」の、雌牛を使った革。あえて毛羽立たせて和紙のように仕上げ、手に吸い付くようなしっとりとした質感になっています。

 

もう一つはイタリアのタンナー「コンツェリア・ワルピエ社」の鞣し革。

こちらは成牛のショルダー部分を使ってハリとコシのある丈夫な革に仕上げています。

重厚な見た目であるため、高級感を求める方にオススメです。

 

どこで買えるの?

個性的な「ICHI」の財布を購入することができるお店を紹介します。

ATELIERmoku

ICHIを手掛けるアトリエ「moku」の公式ホームページです。

アトリエのこだわりや、ICHI以外の商品もじっくり見ることができます。まずは公式サイトからチェックしてみるのが良いでしょう。

Makuake

Makuake(まくあけ)は、これまでにないさまざまな体験や、新しい商品をプロジェクト化し、クラウドファンディング形式で応援購入者を募集するサイトです。

現在、「ICHI」のプロジェクト自体は終了。ただし、「商品化したリターンを購入」という形でICHIの財布を手に入れることができます。

誰かを応援したいという方は、makuakeのサイトから入ってみてもよいかも。

TSUNAGU

ちょっとでもお得に手に入れたいという方は、楽天市場内のTSUNAGUで購入するのがオススメ。価格こそ変わりませんが、楽天ポイントが付くので少しだけお得に手に入れることができます。

TSUNAGUでも、他のサイトと同じように「ICHI」のを2種類の素材から選ぶことができます。修理保証などもおこなっているので、安心して利用することができますよ。

最後に

クラウドファンディングからスタートしたアトリエmokuの財布「ICHI」は、常に進化を続け、今もより良い製品となるように改良を続けています。

革は使い始めよりも、長く使っているうちに段々柔らかくなり、使いやすくなります。持つ方の手に合わせて馴染んでくるのも、革の魅力の一つと言えるでしょう。ぜひ自分だけの使いやすい財布へ育てていってください。

 

最新情報をチェックしよう!
>革財布とお金の情報の総合サイト

革財布とお金の情報の総合サイト

豊かな生活をするために必要なお金に関する情報と革財布のオススメを紹介しています。 さらに楽しい人生にするための知識をお伝えします。

CTR IMG